2012年10月18日

GarageBandにプラス2,600円で大量の音源をゲットする方法

macユーザーにはお馴染みの音楽編集ソフトGarageBand。macを購入するとバンドルされているので、使用している人も多いでしょうし、インストールされていることに気づいていない人も結構いるかもしれません。
http://www.apple.com/jp/ilife/garageband/
http://www.apple.com/jp/imac/built-in-apps.html

Logic譲りのエンジンを使用しているGarageBand、初心者向けと言いつつもなかなかの高機能です。ただちょっと不満な点といえば、内蔵している音源が少ないこと。
多彩なジャンルを網羅してはいるのですが、広く薄くといった感じで、選択肢が少ない印象です。

そんな場合は、2,600円の「MainStage 2」を購入するだけで、使用出来る音源が飛躍的に増大します。




MainStage

App





MainStage 2」を購入後、「追加コンテンツをダウンロード」を選ぶことで、膨大な音源が無料でダウンロードできます。

その音源の中身は、以前は「GarageBand Jam Pack」として発売されていたもので、定価11,600円。6本合計で69,600円もしていたものです。それが2,600円で入手できるというのは凄いことです。

GarageBand Jam Pack 1
GarageBand Jam Pack 2 : Remix Tools
GarageBand Jam Pack 3 : Rhythm Section
GarageBand Jam Pack 4 : Symphony Orchestra
GarageBand Jam Pack 5 : World Music
GarageBand Jam Pack 6 : Voices
http://www.apple.com/jp/pr/library/2004/01/06Apple-Introduces-Jam-Pack.html
GarageBand Jam PackはGarageBandに、ヒップホップやエレクトロニカ系を含む2000種類以上のループ、コンサート用グランドピアノや12弦ギターなどの楽器音色を含む100以上のソフトウェアインストゥルメント、100種類以上のプロクオリティのエフェクトプリセット、さらにサーフ、グランジ、ヘビーブルース、アトモスフェリック系などのギターアンプ15種類を追加提供し、ミュージシャンやミュージシャンを目指すユーザの音楽制作環境を、かつてないほど充実したものにします。


「GarageBand」プラス「MainStage 2(2,600円)」でもコストパフォーマンスの高い、相当に満足度の高い環境が構築できますが、
Logic Pro 9(17,000円)」でも同等の音源が無料でダウンロード可能です。将来的に「Logic Pro 9」を購入する予定があるなら、さらに高機能なDAWである「Logic Pro 9」の購入を検討しても良いですね。


私は「GarageBand」「MainStage 2」「Logic Pro 9」の順番で購入してしまい、「MainStage 2」はちょっと使い道が見いだせない状態なので、最初から「Logic Pro 9」を購入しても良かったなと思っております。

http://www.apple.com/jp/logicpro/





Logic Pro

App





posted by violin at 12:29| 日記

2012年09月25日

人の歌声をボカロが真似る「ぼかりす」開発の道のり

VOCALOID3 スターターパック IA- ARIA ON THE PLANETES

VOCALOIDの世界では、だいぶ以前から話題になっていた衝撃的なVOCALOID調教ツール「ぼかりす」なるものが、いよいよ10月19日にヤマハから19,800円で発売されることが決まった。「ぼかりす」は、どうしても機械っぽいニュアンスになりがちなVOCALOIDの歌声を、滑らかな人間っぽいものに仕上げることができるというユニークなソフトウェア。「VocaListener(ボーカリスナー)」というのが正式名称だが、これを開発したのは産業技術総合研究所(以下、産総研)、という日本国内最大級の公的研究機関。
 その「ぼかりす」発売に先駆けて、「ぼかりす」を研究開発した産総研の情報技術研究部門 上席研究員の後藤真孝氏と同部門 研究員の中野倫靖氏、そして「ぼかりす」の製品化を行なったヤマハのyamaha+推進室 Y2プロジェクト 技師の大島治氏の3人にいろいろと話を伺ってみた(以下、敬称略)。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20120924_561914.html


08.jpg

後藤:2007年9月から12月にかけてVOCALOIDを用いたいろいろな作品を中野君と日々追いかける中で、より人間らしく自然に歌声を合成しようとしてパラメータを調整している人たちの努力がよくわかりました。「それだったら人間の歌唱を自動的に真似て歌声合成すればもっと自然になる!」と、12月には中野君と一気に「ぼかりす」の研究構想を生み出していました。まだ「ぼかりす」という名前は付けていませんでしたが、何度も反復してパラメータを調整するアイディアも同時に生まれていました。

五年前からスタートしてたんですね。思ったよりも長期間の研究ということで、精度が楽しみです。

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU

中野:筑波大学の図書館情報メディア研究科の学生だったのですが、指導教官の専門が音楽情報処理であったため、歌声の分析について研究していました。例えば、「ドン・タン・ド・ド・タン」と口で歌うと、それを認識して楽譜にしてくれる口ドラム認識システムを作りました。そのころから後藤さんとずっと一緒に研究をしていて、ここで培った技術の一部も「ぼかりす」実現に役立っています。また歌唱力評価に関する研究も行ないました。カラオケマシンには、楽譜に忠実に歌っているかを元にして採点をする機能がありますが、採点結果は必ずしも人間の感じる上手さとは一致しません。人間は、ほかの評価軸でも見ているんですね。
 そこで楽譜なしで判断できるように、声の高さの相対変化やビブラートに着目して、歌唱力を評価するシステムを実現しました。さらに博士後期課程の最後では、「ブレス検出」という研究もしていました。人は歌っているときに息継ぎをしますが、それを自動的に検出するとともに、ブレスにどんな特徴があるのかなどを判断するものです。こうした歌声に関する研究成果の蓄積が「ぼかりす」研究のベースとなっていて、「ぼかりす」自体の実装は短期間で一気にできました。

ブレスの処理がどうなるのか気になっていたのですが、検出すると言うことは、歌声とは別個のものと扱ってくれそうですね。

VIP - Vocaloid Important Producer- ボーカロイド楽曲制作テクニック

後藤:ただ、それ以上に興味深かったのは、ネット上での「ぼかりす」に関する賛否両論の議論です。我々もまったく予想していなかった論点がいろいろと出ました。一番予想外だったのが、「ミクっぽくない」という反応が多かったことです。自分にはミクの声にしか聞こえていなかったので。Genderパラメータを90にして、やや大人っぽい声だったのも影響していましたが「VOCALOIDらしさとは何か」という議論が深まりました。一方、誰も知らなかった潜在能力を引き出した、と高く評価する反応もあり、嬉しかったです。

17.jpg

中野:「ぼかりす」は、人が歌った歌声を分析し、それとほぼ同じ歌い方をするVOCALOID用のデータを作り出すシステムです。人の歌声をお手本として、その声の高さと大きさを真似るように合成します。初音ミクだけでなく、MegpoidでもVY1でも、どんなシンガーであってもそれに合わせて動作するようになっているのも大きな特徴です。

 システムの流れとしては、まず、歌声を分析して、歌詞の文字がどの時刻に対応するのかを特定します。次に人間の声から声の高さと大きさを分析し、VOCALOIDのパラメータに置き換えて合成します。ただ、ここで「ぼかりす」の大きなポイントとなっているのは、VOCALOIDで合成した歌声を再度分析するということ。うまく真似できるようになるまで、何度もパラメータを修正していく、という反復的な処理をしているのです。

 従来の歌声合成は合成したら、しっぱなし。一方「ぼかりす」では、システム自身がどう歌っているかを自覚しながら、合成していく。どんなふうに音が出ているかをちゃんと聴いて確認するシステムになっています。だから、VocaListenerと名付けました。




【初音ミク】 PROLOGUE 【ぼかりす】


まず歌う人の歌唱力に大きく左右されそうな。。それに歌がうまいからと言って、ボカロに置き換えても感動を与える歌声になるかどうかは未知数だと言うこと。調教もおそらく必要になりそう(しかも結構大変そう)

万能のツールにはならないと思う。ボーカロイドらしくない声になった、とのコメントも多数あったし。
また改めて「ボーカロイドらしさ」とはなんぞや?と問いかけられそうな気もして来たし。

でも可能性は大きく広がりますよね。楽譜が読めなくても曲が作れてしまうわけで。(ただボカロの本体よりも高い価格設定はどうかと思うけど)

あと意外に優れているのが、喋らせることでしょうかね。簡易ナレーション程度には使えてしまいそうです。
posted by violin at 06:19| 日記

2012年09月19日

実際の歌声から歌い方をまねて再現『VOCALOIDトレードマーク(TM)3 Job Plugin VocaListener』

完全に後だしジャンケンみたいであれですけど、同じようなことを自動化できないものかと考えてました。「パラメータを色々ちまちま調整するよりも、歌っちまった方が速くね?」って感じで。
まあ本家も当然考えていたわけでして。。

それはさておき、これはVOCALOIDの表現力、というか表現したいニュアンスを向上させるソフトになるでしょうね。不可欠と言っても良いかもしれない。
それと同時に「調教とはなんぞや?」という難問も突きつけられてしまうわけでw

しかしダウンロード販売のくせに19,800円もするのか。高いなあ。まあ買いますけど。

1209180102.jpg


http://jp.yamaha.com/news_release/2012/12091801.html
実際の歌声から歌い方をまねて再現、より人間らしく自然な歌声合成が可能に
ヤマハ ソフトウェア
『VOCALOIDトレードマーク(TM)3 Job Plugin VocaListenerトレードマーク(TM)
− 産総研の技術を一般消費者向け製品として実用化。10月19日(金)発売 −

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)から技術ライセンスを受け、人間の歌声をお手本としてその歌い方を「VOCALOID」の歌声でまねることを可能にする、『VOCALOID3 Job Plugin VocaListener(ボーカリスナー)』を発売します。10月19日(金)より「VOCALOID STORE」にて購入し、ダウンロードすることが可能です。

1.容易に人間らしい自然な歌い方を「VOCALOID」で合成可能に
これまで、人間らしい自然な歌声を「VOCALOID」で合成しようとすると、歌詞や音符の高さや長さといったメロディー情報(楽譜情報)を入力したあとに、さまざまな歌声合成パラメータ(VOCALOID3パラメータ)をユーザー自身が推測し、細かく調整する必要がありました。『VOCALOID3 Job Plugin VocaListener』を「VOCALOID3 Editor」に組み込めば、「このように歌わせたい」と考える歌声を録音した音声ファイルを歌詞とともに入力するだけで、その歌い方にあわせて、メロディー情報(楽譜情報)が自動的に入力されます。さらに、歌い方の細かいニュアンスを表現する歌声合成パラメータ(ピッチとダイナミクス)も自動的に調整されるため、直感的にお手本の歌い方を「VOCALOID」の歌声でまねることが可能です。ポップスやジャズ、クラシック、民謡、演歌などにおける、さまざまな歌唱方法をお手本とした歌声の合成も可能であるため、幅広い音楽ジャンルで、より人間らしい自然な歌い方を追求することが可能です。

2.VOCALOIDのさまざまな歌声でお手本の歌い方をまねることが可能に
『VOCALOID3 Job Plugin VocaListener』は「VOCALOID2」「VOCALOID3」の日本語ライブラリに対応しています。さらに「VocaListener」の技術によって、歌声ライブラリの特徴や声質にあわせて、歌声合成パラメータが自動的に調整されます。さまざまな歌声ライブラリの声質で、その特徴を活かしたまま、お手本の歌い方をまねた歌声を合成することが可能です。

3.「VOCALOID3 Job Plugin」として動作
『VOCALOID3 Job Plugin VocaListener』は「VOCALOID3 Editor」に「VOCALOID3 Job Plugin」としてインストールするだけで簡単に使用できます。また、「VOCALOID3 Job Plugin」の特徴であるパートごとの処理にも対応しています。例えば、パートごとに異なる歌声を割り当て、それぞれのパートで歌い方を変えるといった、細やかな表現を追求することが可能です。

4.快適な制作環境を提供するユーザーインターフェース
『VOCALOID3 Job Plugin VocaListener』によって自動調整された歌声合成パラメータを、ユーザー自身が直感的に調整できる、専用のユーザーインターフェースを搭載しています。マウス操作でグラフィカルに音の高さや音量を加工したり、伴奏を試聴しながら歌声合成パラメータを調整することが可能です。音の高さを半音単位で移調できるため、例えば、お手本の歌声が男性の低い声でも、女性の高い声にして合成することが可能です。お手本となる歌い方をどれくらいまねるかを8段階で調節できる「パラメータ推定精度調節機能」も搭載されています。また、よりユーザーが作業に集中できるように、音声ファイルの分析や合成はバックグラウンドで実行されるように設計されています。
3 Job Plugin VocaListener』">
posted by violin at 04:48| 日記

2012年07月08日

VOCALOID3に待望の男性ボカロ「がくっぽいど」

VOCALOID3 スターターパック がくっぽいどCOMPLETE

初音ミクを初めとして、ボーカロイドで人気なのは女性ボーカルのものですが、やはり男性ボーカルが活躍する曲もあるわけですからね。VOCALOID3に男性ボカロ「がくっぽいど」が登場です!
とりあえず買ってみようかな。できれば男性ボーカルも複数のボカロから選べるようになると良いのですけれどね。





http://www.dtmstation.com/archives/51798137.html
今回登場するのは、VOCALOID2版の雰囲気をそのまま残すNATIVE、吐息成分が多い優しくささやくような声質のWHISPER、そしてアタックが強くはっきりとした迫力がある声質のPOWERの3種類。

−−WHISPERは、かすれた声でいい感じに仕上がってますよね。
村上:実はWHISPERはレコーディングも大変でしたが、それ以上にデータベース作成のための編集作業がとても大変でした。息の成分が多いためもあり、言葉によって録音した声質の差が非常に大きく出てしまうのです。そこで、ひとつひとつ波形編集で細かく揃えていったので、膨大な作業量となりました。Megpoidの場合も均一化の作業はしましたが、やはり声優さんなので、かなり声質は整うため、今回ほどは大変ではありませんでしたね。
VOCALOID3 がくっぽいど WHISPER

−−逆にPOWERは簡単だったということですか?
村上:ん〜、POWERも大変でしたね(笑)。確かにWHSIPERはあまりにも困難でどう処理するか悩むケースは多かったです。ただ、作業量という意味ではそれほど変わらなかったかもしれませんね。
VOCALOID3 がくっぽいど POWER


−−実際、買う人は2つまたは3つをセットで買って、組み合わせて使うケースが多いと思うのですが、上手な使い方というのはあるものですか?
村上:当社ではいくつかの曲をアップしているので、それがひとつの参考になると思います。このうち、POWERを使用した「Episode.0」という曲では、ファルセットの歌声を試聴いただけます。ニコニコ動画バージョンには入っていないのですが、当社の「がくっぽいど」デモ曲ページでぜひ聴いてみてください。実は、このファルセット部分はWHISERにうっすらとPOWERをかぶせていて、POWERで芯を作り出しているのです。またPOEWRにはFormant Shift VSTを使っているのもポイントとなっています。

VOCALOID3 がくっぽいど NATIVE


−−曲の途中でライブラリを切り替えていくという方法もありそうですよね。
村上:そうですね。たとえばAメロ、BメロはNATIVEを使い、サビはPOWERを使うなど、いろいろな使い方が考えられます。ぜひ、うまく使い分けた楽曲がいろいろと登場してくれることを楽しみにしています。


VOCALOID3 がくっぽいど COMPLETE
posted by violin at 01:13| 日記

2012年06月21日

カンヌ国際広告祭、「Google Chromeの初音MIKUミクCM」が銅賞を受賞したもよう

世界にある数々の広告・コミュニケーション関連の中で世界最大級の規模を誇るフェスティバルとして「カンヌ国際広告祭」(カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル)があり、2012年6月17~23日(現地時間)にかけて開催されている「カンヌ国際広告祭2012」の中で受賞作品の発表があったそうだが、情報によれば「ダイレクトマーケティング部門 Corporate Image & Information部」で「Google Chromeの初音MIKUミクCM」が銅賞を受賞したもよう。



カンヌ国際広告祭のミクのページ
HATSUNE MIKU HAKUHODO Tokyo, JAPAN
www.canneslions.com/work/2012/direct/entry.cfm?entryid=23765&award=99&order=0&direction=1
posted by violin at 01:30| 日記

2012年06月16日

『初音ミク』生誕5周年記念、ベスト・アルバムを8月1日に2枚同時発売


5年間を総括するアルバムになりそうですね。ニコニコとかで聴いたことがある曲でも、CDで聞くと違った印象を受けることができるかも知れませんし、発売が楽しみです。


http://news.mynavi.jp/news/2012/06/15/175/index.html
VOCALOID(ボーカロイド)『初音ミク』の生誕5周年を記念した2枚のベスト・アルバムが、ソニー・ミュージックダイレクトとドワンゴ・ミュージックエンタテインメントのコラボーレション企画として、8月1日に同時発売されることが発表された。タイトルは、『初音ミク 5thバースデーベスト 〜memories〜』と『初音ミク 5thバースデーベスト 〜impacts〜』でそれぞれ2,800円。
今回も2009年『初音ミクベスト〜impacts〜』『初音ミクベスト〜memories〜』(2011年『VOCALOID BEST from ニコニコ動画 [あか]』『VOCALOID BEST from ニコニコ動画 [あお]』)をリリースした2社によるコラボーレション企画として制作され、名ボーカロイドクリエイタ―による完全書き下ろし新曲「アニバーサリーソング」「バースデーソング」の2曲のほか、人気楽曲の動画を収録したDVDも封入され、5周年に相応しい豪華内容となっている。
収録曲は、ニコニコ動画内において再生数10万回を超えたものに贈られる称号「殿堂入り」を果たした名曲の数々をはじめ、今年に入って話題、人気となっている最新の曲まで幅広く網羅。現時点ではsupercellの「メルト」やsasakure.UKの「ハロー、プラネット。」、Mitchie Mの「FREELY TOMORROW」、じん(自然の敵P)の「カゲロウデイズ」、ハチの「マトリョシカ」、黒うさの「千本桜」など一部のみ公開されている。

『初音ミク 5thバースデーベスト 〜memories〜』
タイトル 初音ミク 5thバースデーベスト 〜memories〜
アーティスト V.A
発売日 2012年8月1日
品番 MHCL-2108〜2109
価格 \2,800(税込)
レーベル Sony Music Direct (Japan) Inc.
収録曲 メルト/supercell
*ハロー、プラネット/sasakure.UK
FREELY TOMORROW/Mitchie M
カゲロウデイズ/じん(自然の敵P)
エレクトリック・ラブ/八王子P
全19曲収録予定
特典DVD ほか全7曲収録予定
初音ミク 5thバースデー ベスト 〜memories〜


『初音ミク 5thバースデーベスト 〜impacts〜』
タイトル 初音ミク 5thバースデーベスト 〜impacts〜
アーティスト V.A
発売日 2012年8月1日
品番 MHCL-2106〜2107
価格 \2,800(税込)
レーベル BinaryMixx Records
収録曲 マトリョシカ/ハチ
千本桜/黒うさ
恋スルVOC@LOID/OSTER project
二次元ドリームフィーバー/PolyphonicBranch
アカツキアライヴァル/Last Note.
ほか全19曲収録予定
特典DVD 全7曲収録予定
初音ミク 5thバースデー ベスト 〜impacts〜
posted by violin at 11:45| 日記

2012年05月25日

CrossOver Mac 11のサポートアプリケーションにVOCALOID3が追加!




これでMacでもボーカロイドが安定して楽しめますかねえ。とりあえず試してみようと思います。

http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/com_11/
Mac OS X上でWindowsアプリケーションがネイティブに動作
CrossOver Macは、インテルMacでWindowsアプリケーションをネイティブに動作させることができる互換レイヤーソフトです。一般的な仮想化ソフトとは違い、仮想マシン環境の構築、設定、Windows OSのインストール、ドライバーのインストールなどの手間をかけずにWindowsアプリケーションをインストールして実行できます。製品の性質上Windows OSは必要ありませんので、Windowsを購入するためのコストもかかりません。さらに互換レイヤーを使用していますので、オーバーヘッドが少なく動作が軽いのも特長です。 CrossOver Macを使えば、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)、Internet Explorer、一太郎、IBM ホームページビルダーなどのWindowsソフトがMac上でシームレスに動作します。

CrossOver Macはこんな方にお勧め
Windows 98用のアプリケーションなど、現在では稼働環境のなくなってしまったWindowsソフトを使いたい。
Microsoft Office 2003と2007を同じマシンで使いたい。
MacでWindowsアプリケーションを動かしたいが、Windows OSやPCをわざわざ購入したくはない。
WindowsからMacへ乗り換えたいが、利用できなくなるアプリケーションがあるのでなんとかしたい。
普段はMacを使用しているが、仕事でWindowsアプリケーションのファイルを開く必要がある。でも、仮想環境を入れるほどでもない。

CrossOver Mac 11の新機能
CrossOver Gamesと統合
CrossOver Mac StandardとCrossOver Gamesが統合し、一つのアプリケーションになりました。CrossOver Macだけで、ビジネス系アプリケーションもゲームもお楽しみいただけます。
CrossOver GamesのボトルはCrossOver Mac 11で引き継いでお使いいただけます。
ソフトウェアインストーラーから
アプリケーションリストを
アップデート
CrossOverソフトウェアインストーラーのボタンから、アプリケーションリストをアップデートできるようになりました。 [今すぐアップデート]ボタンをクリックすると、CodeWeaversの大量データベースと直接コンタクトし、サポートアプリケーションとコミュニティ対応アプリケーションの最新リストをダウンロードします。
[常にアップデートする]を選択すると、CrossOverソフトウェアインストーラーを起動する度にリストをチェックして更新します。
オートアップデートの導入
CrossOver メニューの[アップデートを確認...]から、アップデートを検出して自動更新します。環境設定でアップデートを定期的に自動チェックするよう指定することもできます。
サポートアプリケーションの追加
以下のアプリケーションがサポートアプリケーションリストに追加されました。
VOCALOID3
一太郎2012 承
ホームページ・ビルダー16

VOCALOID3 スターターIA ARIA ON THE PLANETES
posted by violin at 10:27| 日記

2012年05月20日

VOCALOID3 推奨音域 推奨テンポ

VOCALOID3 スターターIA ARIA ON THE PLANETES

VOCALOID3歌声ライブラリの、推奨音域と推奨テンポです。
IAは、ゆったりめの曲の方が合ってると思ってましたが、以外にも早い曲でも対応できるようですね。今度試してみましょう。

top_img33.jpg
top_img34.jpg
http://www.vocaloid.com/lineup/vocaloid3/


VOCALOID3 LibraryIA ARIA ON THE PLANETES
VOCALOID3 スターターパック Megpoid Native
VOCALOID3 ボカロPデータシリーズ Vol.1
posted by violin at 00:09| 日記

2012年04月15日

SoundCloudに登録してみた

SoundCloudに登録してみました。
無料アカウントだと、アップロードできるのは合計2時間分のデータのみのようですが、色々と試してみようと思います。

posted by violin at 05:08| 日記

2012年04月13日

DAW「Stdio One 2」のフリー版

PreSonousのDAW、Studio One 2にフリー版があるようです。しかもwindowsだけでなくmac版も。
本格的にやるならパッケージ版のDAWを買うべきだと思いますが、ちょっとだけ音楽制作を試してみたいという層には、お勧めできる選択肢になるのではないでしょうか。

http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/free/
このページで、下のファイルをダウンロード可能
STUDIO ONE FREE 2(MAC用)
STUDIO ONE FREE 2(WINDOWS 32BIT用)
STUDIO ONE FREE 2(WINDOWS 64BIT用)
STUDIO ONE FREEデモ・ソング

Presonus Studio One Professional 2

Studio Oneトレードマーク(TM) Freeは、Artist、Producer、Professionalの様な高度な機能を必要としないビギナー向けへデザインされ、ベーシック・ミュージック・プロダクションに必要なStudio Oneのレコーディングおよび編集機能を提供します。Studio One Freeはその名の通り無償です。
Studio One Freeを使用するには、オペレーティング・システムに適したインストーラーをダウンロードしインストールを行ってください。次に表示されるアクティベーション・ダイアログでFREEを選びます。
Studio One Freeは、すぐに使用することが可能です。ユーザー・アカウントの作成、アクティベート、プロダクト・キーの必要すらありません。そして使用期限もありません。ベーシック・ミュージック・プロダクションに必要なStudio Oneのレコーディングおよび編集機能に加え、8種類のオーディオ・エフェクトや100以上のプリセットを搭載したバーチャル・インストゥルメントであるPresenceが収録されています。
Studio One Freeは、ベーシック・ミュージック・プロダクションだけでなく、デモ版のインストールに抵抗がある方もStudio Oneの基本性能および次世代のオーディオ・エンジンを体感することができます。Studio One Professionalのデモ版を30日間使用して、使用期限が切れた時点でStudio One Freeとして引き続き使用することも可能な上、Artist、ProducerおよびProfessionalのプロダクトキーを入力すれば再インストール不要でそのバージョンで使用することもできます。

Presonus Studio One Producer 2

Studio One Freeでは以下の特徴が用意されています |バージョン別機能比較チャート
エレガントなシングルウィンドウ・ワークフロー
パワフルなドラッグ&ドロップ機能
無制限のオーディオ・およびインストゥルメント(MIDI)トラック
無制限のFXチャンネル
2チャンネルの同時入出力
無制限のインサートおよびセンド(各チャンネル)
シングルおよびマルチトラック・コンピング
マルチトラックMIDI編集
プリセットおよびMixコンソール・リンクを搭載したトラック・リスト
トラック・トランスフォーム(高度なフリーズ性能)
検索、ユーザー・タブおよびプレビュー・プレーヤーを搭載したコンテンツ・ブラウザー
自動遅延(レーテンシー)補正
簡単な操作性のサイドチェイン・ルーティング
Presenceバーチャル・インストゥルメント(100以上のプリセット)
高度なMIDIマッピング・システム
リアルタイム・オーディオ・タイムストレッチングおよびリサンプリング
ASIO、Windows AudioまたはCore Audio互換オーディオ・インターフェース対応
Pro Tools、Cubase、Logicまたはカスタム・キー・コマンド
8種類のオーディオ・エフェクト:
Beat Delay – テンポ同期ディレイ
Channel Strip – ダイナミクス・プロセッシングおよびイコライザー
Chorus – モノ/ステレオ・コーラス
Flanger – モノ/ステレオ・フランジャー
MixVerb – モノ/ステレオ・リバーブ
Phaser – モノ/ステレオ・フェーザー
Red Light Distortion – ディストーション・プロセッサー
クロマチック楽器用チューナー

ACID MUSIC STUDIO 8
posted by violin at 20:41| 日記